今日はこどもの日です。

けど、ちょうど今日は立夏なので、私には「夏が来たなと思うべなー」なわけです。

 

 

立夏とは?

二十四節気の中のひとつ。夏の始まりを立夏といいます。

つまり、季語が夏のものにかわる訳ですね。
けどまだ梅雨明けまでは肌寒い日もあったりするので、暑い夏というイメージがわかないですが、もともと日本人は四季や自然の移り変わりをこよなく愛する民族なので、そんな感覚を大事にしたいですよね。

 

国立天文台のぐぐるカレンダーさん便利。

とはいえ、最近のカレンダーは洋風になってて二十四節気とかわかんなーいという人は、国立天文台天文情報センター暦計算室さんの暦をぐぐるカレンダーさんに取り込んでおくといいですよん。

んで、今日の一句。

五月雨や 季節の足音 窓の外。