日本人は宗教に関しては、わりと柔軟というか「全部神様!」みたいなとこがありますよね。最近だと私の好きな漫画のひとつに「聖☆おにいさん」などあります。わりとそんなゆるい感じなのが日本人の特徴みたいな。

逆にストイックに信仰してると、なんか危険みたいな風潮がありますよね。

 

家族の宗教観

私自身は、無信仰というか無宗教です。
それはどの教えも認めないということではなく、むしろどんな教えも正しいと思う態度の裏返し。

母自身は忘れましたが、若い時から多くの神社仏閣を巡る人で、関東各地の観音講参りをずっとしていました。家族や夫を亡くし、いろいろ思うところがあったからだと思います。

母方の実家は浄土真宗で、父方の実家は曹洞宗だったと思います。
(幼いときに聞いた記憶なので曖昧ですが)

そして、ごくごく身近な人はプロテスタントだったり。だから、どれか・・・じゃなくてどれもという気持ちになっていきました。

それから・・・

一時期の読書の傾向

介護やらなんやらで心が病んでいたとき、心理学の本と宗教的な本を、図書館に所蔵してるもの全部読んだり、はしごしたりしていました。

中学の恩師からいただいた聖書はよく読んでいたけれど、仏教の話とか案外知らないし、ユダヤ教は面白いなと思ったり。日本ではイスラム教のわかりやすい本は少ないけれど、こういうことがわかるとなぜ戦争が起きてるのかなど、知識を深めるものなんだなと。

心理学だと否定されそうな内容も一緒に読んでいたらなんだか自分の中でいろいろな見方があるものだと解釈していました。

 

私の趣味のひとつ「日本の古い史跡を訪ねる」

私は日本の古い歴史が好きで、平安以前というと芸術は神仏に多くあるものなので、自然と旅行先は神社仏閣をめぐり・・・ってあれ?母親と同じだわ。

多くの本を読んで、実際にその場所を見てみたいというのと、国宝級の素晴らしいものをこの目で見てみたい・・・

まあ、ババくさい趣味ですよね。

他の人と大きく違うとすれば、行くときに頭の中にガイドブック級の知識を詰め込んで、その場所にいったら何も見ないで感じるだけ。その場所の記憶が自分の心の中に入ってくるのか・・・って感じる事が好き。

なので、誰かと一緒に行くと何も聞こえなくなってしまうので、たいがい一人旅です。

 

また新しい傾向の趣味?をみつけました。

テレビでみた場所なんですが、旅行で実際にその場所に行ってみて激しく後悔しました。

「面白いけどアレは違うよな」と感じることがあり、ここ数週間いろいろ調べて反省しました。
そして今年は節目の年だそうで、真面目に出直そうと思いました。

今年一年(というか半年くらい)の新しい趣味をみつけた感じです。

ただ旅行記をブログに書くにしても、今まで事前に調べていた事や実際に行ったときの事をきちんとまとめたコンテンツにしたいなと思っています。

ん?なにいってんの隊長・・・と思う人と、あれやるんだ!?と思う人がいると思いますね。
そうですそれです。
家族にはすぐバレました。ある友人にもすぐバレましたw
そりゃそうだw

けど、かなり真面目に本気。これからお作法を勉強します。

 

ということで、、自分が仕事で培ったいろんなテクニックを使ってサイトを改修し、最終的に電子書籍にまとめるくらいの気持ちで取り組みたいと思います。