小中学生の時は、しおりに自分アレンジの情報を書き込んだりしてた。
自分で考えるの大好き。お小遣いで時刻表買って、駅弁とか乗り換えとか妄想鉄道旅とか大好きだった。

高校の修学旅行では、京都の一日をプランニングして銀塩で撮影したいポイントを選んだ。
18歳女子高生がね、一眼カメラで「哲学の道の紅葉が撮りたいです」っていってて、先生もガイドさんも「京都は何度目?」ってっ聞くから「生まれて初めてです!」とビビられましたよw

たぶん計画魔になったのは、そうやって旅を考えるのが大好きで、行った先々で自分を助けたからだろうね。

で、地図をぽちぽち入れてるデジタル準備以外にもリアルな持ち物準備が必要ですよね。

 

お遍路用品はとてもたくさんあります。

前回写真などで紹介したものもありますが、足りないものを確認。

お遍路はそもそもがお寺で納経して歩く行為。ですから、

  • 勤行本(経本)
  • 納札(初めて〜4回めまでは白)
  • お線香
  • ろうそくとライター
  • 数珠
  • 持鈴

などは必要ですね。あと服装的なものでは

  • 南無大師遍照金剛とかかれた白衣
  • 輪袈裟
  • 遍路笠
  • 金剛杖

飛行機の関係もあるので笠や杖は持って行かないですが、特に杖は大師様の象徴としてお遍路にはかかせないものです。
笠の代わりに般若心経のかかれた手ぬぐいを頭に巻く予定です。

経をおさめたら

  • 納経帳
  • 納経軸
  • 御法印を頂くための白衣

のいずれかと

  • ご本尊の御影を入れて行くための御影帳

 

その他にも

  • お賽銭を銀行で棒金に両替しておく
  • お賽銭ようの小銭入れ

なども必要ですし、

  • 雨具

もね。

 

機内持ち込み可能な範囲のその他の荷物

  • 着替え
  • 下着
  • ハンカチ

この辺は少なめでもホテルにコインランドリーがあれば、たくさんはいらないです。

  • iPhone
  • ガラケー
  • MBA
  • iPad mini
  • Kindle
  • iPhoneバッテリー
  • 各種充電ケーブル
  • 電源タップ
  • デジイチ(は迷ってる)

なにこのガジェットはwww

  • 名刺
  • メモ紙
  • ペン
  • 離陸着陸時に読む紙の本
  • 老眼鏡

アナログなものもね

  • 日焼け止め
  • 洗顔料

(化粧品は一切携帯しません。ましてやお遍路に必要ないでしょ)

  • 旅行の時だけに使う都市銀系キャッシュカード
  • 免許証
  • 保険証
  • 臓器提供カード

どこに行くんでも携帯してるカード類

  • 湿布
  • 鎮痛剤
  • 蒸気でホットアイマスク

体調の不調はいつでるかわかりませんからね。