松山に 大人の隠れ家 拠点を持って1ヶ月・・・といっても実質22日から稼働って感じなので、10日ほどですが、アパート物件を探している時の不動産屋のスタッフの皆さんを始め、いろいろな松山市民の方々から聞かれるので、その回答をまとめてみようと思いました。

なぜ千葉に帰ってきてる時にそんなことを思ったのかというと、溜まった録画番組の中に東京深川の特集的なものが多く、見ていて「フルサトは遠くにありて思うもの」という気持ちになったから。

 

Q1. 親戚が松山にいるんですか?

A1. いません。

私の親戚はほぼ東北です。それ以外は埼玉か東京の首都圏で、それより西に親戚はいません。
実家も今は千葉県内ですし。

 

Q2. 松山は何度も来てるんですか?

A2.はじめての松山は去年の4月(4/26の記事)で、あとはお遍路に来たくらいです。

よくよく振り返れば、初めて松山空港に飛ぶ羽田空港の表示が88だったり。
最初からお四国さんの罠にはまったということなんでしょう。

 

Q3. 四国の中で松山を選んだ理由は?

A3. 幼少の頃の故郷の風景に似ていたから。あと道後温泉。

戸籍上出生地は山形県ですが、母の里帰り出産のためで、当時の住所は墨田区か江東区か忘れました。ですので、私の脳裏に焼きついた故郷の風景は昭和40年代の東京です。父に路面電車に乗せられ、いろんな場所に連れて行ってもらいました。最愛の父との数少ない思い出のひとつが路面電車なんです。

 

Q4.温泉はわかります。でも路面電車だけで?

A4. 気候もいいし、魚も美味しいです。あとは文学ですね。

路面電車も各地にありますが、一番雰囲気が似てるんですよね。
それに正岡子規や夏目漱石などの文学の香り・・・って私が一番惹かれているのは自由律句の俳人「種田山頭火」。実は松山を選んだ最大級の理由がこれです。
彼の晩年過ごした一草庵から徒歩圏のつもりでアパートを探したんですけど、もともと愛媛大学や松山大学が近くて、不動産屋さんには「学生向け物件の多いから」と言ったとか。

 

Q5. 松山を選んでくださってありがとうございます。

A5. こちらこそ、ありがとうございます。

ここに住んでいる人が気さくでとてもいい人たちばかり。
その上松山をとても愛しているので、一番の魅力はそこだと思っています。

 

家族と過ごす千葉は大好きですよ。本籍は10代からずっと千葉県ですしね。

でも故郷といったら東京下町。
でもフルサトというニュアンスだったら松山かなって最近はそんな気がします。