19歳になるまで、親の会社の社宅に住んでいて、社宅(工場)併設の銭湯並みにデカい浴槽にしか入ったことがなく、旅行というと温泉にしかいかない親や親戚に囲まれ、内風呂の小さいのに1週間も耐えられない隊長です(長っ!)

隊長が気分転換や週末のドライブによく行く「大きいお風呂」をご紹介しますね。

 

ながら温泉(長柄町福祉センター)

http://www.town.nagara.chiba.jp/ngr/pf.html

長生郡長柄町の施設の一部。
泉質は養老温泉とかと同じ黒いつるつるしたもの。
町民は200円、町外は500円で入れます。
ボディーシャンプーがありますが、タオルなどは持参の必要があります。

イノシシとっただの山菜がタケノコが・・・と町の人の世間話を聞きながらの入浴。
大五郎級のペットボトルにお湯持って帰るおばちゃん達がいます。

 

白子温泉(東海荘)

http://www.tokaiso.co.jp

ヨウ素含有温泉という、千葉県の中でも変わった温泉です。
薄茶色でしょっぱい昆布出汁な温泉です。白子近辺は世界でもヨウ素の産出が多い場所なのだそうですよ。

温泉街なので、ホテルの日帰り入浴が基本で、うちはいつも東海荘さんに行きます。
料金は大人ひとり500円。

 

市原憩いの家

http://www.city.ichihara.chiba.jp/kurashi/kankyoryokuka/kankyo/kankyou_shisetsu/ikoi.html

市原市のゴミ焼却場の熱を利用している沸し湯銭湯です。
大人ひとり300円。

 

笑顔の湯 寒川店

http://www.com-keisei.co.jp/egaonoyu-samugawa/

JR外房線 本千葉駅から徒歩でもいけます。
いわゆるスーパー銭湯です。京成電鉄系列の営業。
なかでは床屋・マッサージ・飲食店があります。

なのでまあお高いですね。大人ひとり820円〜(会員720円〜)
レンタルタオルなどもあります。

 

 

番外:神田アクアハウス江戸遊(東京都千代田区)

http://www.edoyu.com/kanda/

2015-02-07 11.04.33-1JR御茶ノ水駅そば、都内に出かける時に早めに来てここでひとっぷろ浴びてからというのが習慣。

高齢者住宅と併設なので、都内にあるけど平日の午前中はおばあちゃん達の憩いの場。早朝もやっているので、深夜バス客やランナーの利用客も多く、男湯はいつも待ち行列がある感じ。湯温が高めで実に下町っ子好み。食事処もあるけど、銭湯なので大人ひとり460円。

リンスインシャンプーやボディーシャンプー、レンタルタオルなどもあるので手ぶらでもいけます。