今年のAdventCalenderで、concrete5ももちろん参加の予定ですが、これはその記事ではありません。
AdventCalenderでこの手の記事を準備してた人はごめんなさい。
でもご安心ください。30代でお試しに受けたTOEICで250点しか取れなかった英語どアホウなんで、きっと正しくありません。真面目に知りたい方は、他の方の記事を参照してください。

ただただ自分がすぐに理解したいと思ったので、12/1(現地時間)リリースされた最新版のリリースノート concrete5 8.0 Release Notes をぐぐる先生にみてもらいながら訳してみました(引用で原文を添えてあります)。自分なりの解釈を色を変えて書き込んだりしています。

心優しいマサカリ募集中。

2016-12-03-16-24

 

8.0の新機能

  • Express オブジェクト

    編集者によってカスタムデータオブジェクトを作成し、カスタマイズすることが可能になりました。
    これらのオブジェクトの検索、並べ替え、管理は、フロントエンドとダッシュボードで簡単に行えます。

    何が新しいのかといえば、ページにひもづいた情報ではなく、別のオブジェクトとしてデータが存在することが新しいっていうか、自分でDBをいじらずに管理画面からごにょごにょできるのが嬉しいなと。

    002 0021 022 023 024

  • 編集できる「ユーザー管理画面」

    システムにログインしたときに表示される完全にカスタマイズ可能なランディングページ。ユーザープロファイルがなくても使用できます。ダッシュボード内またはその外部の機能。

    ほんとだ。カスタマイズってリンクをクリックすると編集モードになってる。
    通常のページ編集と同じようにブロック編集できそう。

    001

  • Revamped Waiting for Me ←上記「「ようこそ」の確認待ち

    多数の通知タイプ(ユーザー登録、ワークフロー、フォーム提出、プライベートメッセージ、具体的な更新など)を含めることができ、サードパーティによって拡張可能です。

New Features

  • Express: Extensible, Custom Data Objects that can be created by Editors. Easily search, sort, manage permissions on and display these objects in the front-end and the Dashboard.
  • User Desktops: a fully customizable landing page for users when they login to the system, available even if user profiles are not. Functions within the Dashboard or outside of it.
  • Revamped Waiting for Me: can include a large number of notification types (like user signup, workflow, form submissions, private messages, concrete5 updates and more) and is extendable by third parties.

 

 

ブロックの改善

  • 完全に改造されたフォームブロック:
    Expressによって提供され、フォームブロックフィールドは属性ベースです。つまり、新しい属性で追加することができます。さらに、テキストをフォームコントロールに散在させることもできます。
    フォームブロックは、管理画面にExpressエンティティを作成します。このエンティティは、他のエンティティに関連する権限などを付与できます。
  • ページの既定値をより詳細に制御できるようになりました。
    既定値に基づいてすべてのブロックを削除するか、または未使用バージョンのみを削除するか、以前にフォークされた既定のブロックよりもページの既定値への更新を発行できます。
  • ページ属性表示ブロックによって表示される複数の項目に区切り文字を追加する機能が追加されました。  (thanks cryophallion)
  • ページタイトルブロックにトピック、タグ、日付フィルタリングを追加  (thanks MrKarlDilkington)
  • ページのリスト内の現在のレベルでページの一覧を表示するオプションを追加 (thanks juhotalus)
  • 画像スライダーコンポーザーの表示を修正 (thanks ob7)

つまり便利新機能のExpress オブジェクトなどに対応したプロックになってるってことかな?

2016.12.12 フォームブロックはExpressオブジェクトで作られるから、Expressオブジェクトとしてカスタマイズとかもできるってことか!

Block Improvements

  • Completely overhauled Form block: now powered by Express, form block fields are attribute-based. This means they can be added to with new attributes. Additionally, you can intersperse text with form controls. The Form block creates Express entities in the Dashboard, which you can grant permissions to, related to other entities, and more.
  • More control over page defaults – ability to choose whether to delete all blocks based on defaults or just the unforked versions, and the ability to publish updates to page defaults over previously forked versions of defaults blocks.
  • Added the ability to add a delimiter to multiple items displayed by the Page Attribute Display block (thanks cryophallion)
  • Add topic, tag, and date filtering to the Page Title block (thanks MrKarlDilkington)
  • Add an option to list pages at the current level in Page List (thanks juhotalus)
  • Fix image slider composer view (thanks ob7)

 

ページの改善

  • ページバージョンの承認を予約設定することができます。

Page Improvements

  • Page versions can now be scheduled for approval in the future.

 

 

ファイルの改善

  • フォルダのサポート、保存された検索のサポートの強化などにより、ファイルマネージャが改良されました。
  • 自動的に生成されたサムネイルは保存場所で使用できるようになりました(thanks Mnkras)
  • concrete5の現在のUIに一層合った新しい魅力的なファイルタイプのアイコン
    (thanks Freepik – http://www.flaticon.com/authors/freepik)
  • システムにImageMagickがインストールされている場合、アップロード時にSVGファイルのサムネイルを作成するようになりました (thanks mlocati)

File Improvements

  • Revamped file manager, with support for folders, better support for saved searches, and more.
  • Automatically generated thumbnails now work with storage locations (thanks Mnkras)
  • New attractive file type icons that better match concrete5’s current UI (thanks Freepik – http://www.flaticon.com/authors/freepik)
  • SVG files now will create thumbnails when uploaded if the system has ImageMagick installed (thanks mlocati)

 

 

スタックの改善

  • スタックフォルダー:スタックはフォルダーをサポートし、開発者はスタックをより効率的に使用できるようになりました。
    0041 004

Stack Improvements

  • Stack Folders: Stacks now support folders, which should enable developers to use stacks more efficiently.

 

 

管理画面の改善

  • お気に入りはダッシュボードのヘッダーのブックマークアイコンで選択できるようになりました
    0050051

Dashboard Improvements

  • Dashboard Favorites are now Chooseable via the Bookmark Icon in the Dashboard Header

 

 

ユーザーの改善

  • ワークフローを使用してユーザーの承認が処理されるようになりました。
    ユーザーアクティベーションのワークフローを有効にして、ユーザーがconcrete5サイトに登録する方法を制御します。管理者がどのユーザーを編集できるかを制御します。z (thanks Mainio!)
  • すべてのユーザーパスワードは、ダッシュボードからリセットすることができます。ユーザーはすぐに再認証し、すぐにパスワードを変更する必要があります。

User Improvements

  • User approval is now handled through the use of concrete5 workflow. Enable workflows on user activation to control how users register for your concrete5 site. Control which administrators can edit which users. (thanks Mainio!)
  • All user passwords can be globally reset from the Dashboard. Users will have to reauthenticate immediately, and change their password immediately.

 

 

SEOの改善

  • ヘッダーとフッターに個別のトラッキングコードが挿入できるようになりました。
    (thanks MrKarlDillkington, mlocati)
    003

SEO Improvements

  • There are now separate tracking codes for header and footer locations (thanks MrKarlDillkington, mlocati)

 

 

多言語

  • 多言語のスタックとグローバルエリアは、フォルダとうまく動作します。
  • 下書きはターゲットページの場所プロパティを使用してロケールと言語を決定し、異なる言語の関連する下書きを作成できるようになりました。
  • 多言語サイトは、メインサイト内ではなく、タブ付きのサイトマップに独自のツリーとして表示されるようになりました。←多言語サイト作らないとわからないけど、今までのマップツリーとは違うのかな?

Multilingual

  • Multilingual stacks and global areas work nicely with folders.
  • Drafts now use the target page location property to determine their locale and language, allowing you to create related drafts for different languages.
  • Multilingual sites now appear as their own trees in a tabbed sitemap, rather than within the main site.

 

 

承認・ワークフローの改善

  • 「確認待ち」ワークフローリストには、ページだけでなくすべてのワークフロータイプが表示され、デスクトップブロックを介してダッシュボードの外部で完全に拡張可能で、より魅力的で、利用できるようになりました。

Permissions/Workflow Improvements

  • Waiting for Me Workflow List now shows all workflow types instead of just Pages, is fully extendable, more attractive, and available outside of the Dashboard via Desktop Block.

 

属性のアップーデート

  • 電話、URL、電子メールアドレスの属性が追加
  • 画像/ファイル属性に「HTML入力」表示モードが追加
  • テキスト属性のオプションにプレースホルダが追加  (thanks avdevs)
  • カスタム属性をサイトにグローバルに適用できるようになりました
    \Site::getSite()->getAttribute(‘attribute_handle’);

Attribute Updates

  • Added Telephone, URL and Email Address attributes
  • Image/File attribute now has an “HTML Input” display mode.
  • Text attributes now have a placeholder as an option (thanks avdevs)
  • Custom attributes can now be globally applied to your site, and easily accessed By Calling\Site::getSite()->getAttribute(‘attribute_handle’);

 

 

その他の改良点

  • 更新されたインストールプロセス。より魅力的で、インストールの間にユーザーに何かすることを与え、インストール中に標準URLとセッションハンドラを指定する機能を追加しました   (thanks mlocati)
  • 更新されたコアでサイトが実行されている場合、データベースの移行は自動的に実行されます(手動で更新を実行する必要があるまで潜在的なデータベースが保存されます)
  • コマンドラインインストーラは、-iと一緒に使用するとインタラクティブモードを使用するようになりました
  • プリティーURLを更新する際の.htaccessステータスの確認の改善 (thanks mlocati)
  • ホームページにページリダイレクトを追加できるようになりました (thanks edtrist)
  • コードのクリーンアップと最適化  (thanks a3020, mlocati, Korvinszanto)
  • CSSファイルの編集時にブラウザのキャッシュを無効にする  (thanks joostrijneveld)
  • サイト名とページタイトルをデフォルトで切り替える (thanks katzueno)
  • ブロックのカスタムスタイルパネルにIDを追加しました (thanks MrKarlDilkington)
  • コンポーザの自動保存動作の改善。
  • カノニカルURLが設定されていない場合、相対URLを使用するようになりました。
  • 編集モードで画像スライダーのよりよい表示 (thanks Siton-Design)
  • リダイレクトしないようにツイートのツイートへのリンクを修正 (thanks clarkwinkelmann)

Other Improvements

  • Updated installation process; more attractive, gives users something to do while installation is ocurring, added the ability to specify canonical URL and session handler during installation (thanks mlocati)
  • If a site is running on an updated core, the database migrations will automatically be run (saves potential database until the update has to be run manually)
  • The command line installer now features an interactive mode when used with -i
  • Better checking of .htaccess status when updating pretty URLs (thanks mlocati)
  • You can now add page redirects for the home page (thanks edtrist)
  • Code cleanup and optimization (thanks a3020, mlocati, Korvinszanto)
  • Invalidate browser cache when CSS files are edited (thanks joostrijneveld)
  • Switch Site name and page title on default (thanks katzueno)
  • We added ID back to the custom style panel for blocks (thanks MrKarlDilkington)
  • Improvements to composer autosave behavior.
  • We now use relative URLs when the canonical URL isn’t set.
  • Nicer display of image slider in edit mode (thanks Siton-Design)
  • Fixed linking to twitter tweets so they don’t redirect (thanks clarkwinkelmann)

 

バグフィックス

  • Big thanks to olsgreen
    ページ編集モードのチェックとタイムスタンプで長年にわたるバグを修正し、レイアウトのようなバグのある編集モードの動作を修正し、ポスト追加を描画しない、編集モードを尊重しない、
    等…
  • 画像スライダーのバグ修正  (thanks MrKarlDilkington)
  • https://www.concrete5.org/developers/bugs/5-7-5-8/file-manager-edit-image-doesnt-work-when-jscss-cache-is-on-becau/ (thanks mlocati)
  • スタックがフロントエンドに追加された場合、スタック内のカスタムスタイルが表示されないバグを修正 (thanks olsgreen)
  • レガシーフォームブロックにCSRFトークンを追加 (thanks ryantyler)
  • 小さな問題:$ titleの終了タグに欠けている “/”を追加 (thanks Siton-Design)
  • 縦長画像のサムネイルを生成する問題を修正 (thanks hissy)
  • 修正:ループ設定が機能しないYoutubeブロック (thanks jordif)
  • 修正:グリッドをサポートしているテーマからグリッドをサポートしていないテーマに切り替える
    (thanks olsgreen)
  • 画像の幅がサムネイルの幅と正確に一致する場合のサムネイル作成ロジックによるバグ修正 (thanks Mesuva)

Bug Fixes

  • Big thanks to olsgreen for fixing a long standing bug with page edit mode checking and timestamps, leading to a fix of buggy edit mode behaviors like layouts not rendering post add, edit mode not being respected, etc…
  • Bug fixes to Image Slider (thanks MrKarlDilkington)
  • https://www.concrete5.org/developers/bugs/5-7-5-8/file-manager-edit-image-doesnt-work-when-jscss-cache-is-on-becau/ (thanks mlocati)
  • Fixed bug where custom styles in stacks weren’t showing up if the stack was added to the front-end (thanks olsgreen)
  • Added CSRF Tokens to Legacy Form Block(thanks Siton-Design)
  • Tiny issue: Add missing “/” in $title end tag (thanks Siton-Design)
  • Fix issue to generate thumbnail of vertical long image (thanks hissy)
  • Fix: loop Setting not working in youtube block (thanks jordif)
  • Fix: Switching from a theme with grid support to one without grid support errors out (thanks olsgreen)
  • Bug fixes with thumbnail creation logic when the width of the image exactly matches the width of the thumbnail (thanks Mesuva)

 

 

開発者向けアップーデート

  • Doctrineの内部構造を大きくアップデート (thanks Kaapiii!)
  • symfonyのコンポーネントはver.3にアップデート
  • Font Awesomeのアイコンセットは、ver.4.5にアップデート
  • 検索ブロックURLは、URL Resolverをサポートしているためオーバーライドすることが可能
    (thanks ahukkanen)
  • 言語コンテキストのサポートが強化されたと完全に新しい翻訳サブシステムと改良されたAPI (thanks ahukkanen and mlocati)
  • Bootstrapコンポーネントは3.3.7にアップーデート
  • LaravelのDIコンポーネントをver.5にアップーデート
  • Zend Frameworkのライブラリは、最新版にアップーデート
  • レガシーフォームにon_form_submissionイベントを追加 (thanks Jozzeh)
  • コマンドラインツールにコマンドを追加 (thanks mlocati)
  • jQueryのUIは1.11.4にアップーデート

重要な下位互換性に関する注意

v8でデータベーステーブルを削除すると、何らかの問題が発生する可能性があります。これは、外部キーの制約によるものです。
参照:https://github.com/concrete5/concrete5/issues/3797

Developer Updates

  • Big update to Doctrine internals (thanks Kaapiii!)
  • Symfony components updated to version 3.
  • Font Awesome icon set updated to version 4.5.
  • Search block URLs support URL Resolver so they can be overridden (thanks ahukkanen)
  • Completely new translation subsystem, with better support for language contexts, and an improved API (thanks ahukkanen and mlocati)
  • Bootstrap components updated to 3.3.7.
  • Updated Laravel Dependency Injection Component to version 5.
  • Zend Framework libraries updated to their latest versions
  • Added on_form_submission event for Legacy form (thanks Jozzeh)
  • Additional commands added to command line tool (thanks mlocati)
  • jQuery UI updated to 1.11.4

Important Backward Compatibility Notes

  • When deleting database tables in v8, you may have some trouble. This is due to foreign key constraints. See:https://github.com/concrete5/concrete5/issues/3797

 

 

クレジット

上記のクレジットに加えて、以下のユーザーはバグを修正し、ベータ版をテストし、8.0インターフェースを形にする手助けをしてくれました。

Edtrist、mlocati、MrKarlDilkington

Credits

In addition to the credits above, the following users have been very helpful fixing bugs, testing beta releases, and helping whip the 8.0 interface into shape

Edtrist, mlocati, MrKarlDilkington