待ち人「来る たよりあり」ー大吉おみくじの話2020ー

どうも、神社検定三級のねこみみ隊長です。
お正月だから皆さんおみくじを引くんでしょうね・・・占いだの大吉だの検索しているようです。

新年にアクセスが増えた2記事

3年ほど前の記事・・・

5年半ほど前の記事・・・

最近の大吉みくじはというと

2013年から大吉を引く確率が高くなったということで、年間20〜30ほどの大吉みくじがたまります。
なので年末年始にはお焚き上げしてもらうように納めてきます。
が、またおみくじ引き始めると大吉がたまる・・・という好循環をしておりました。

もう通算何個となるのかわかりません。

2019年もたまった大吉みくじを納めまして、6年ぶりにあのお寺に行きました。

必ず引いた寺社の境内で写真を撮っておみくじの関連付けをしています。

その結果・・・出ましてね、ええ。涙出てきちゃいましたよ。
歴史好きになったきっかけをめぐる旅だったわけですが、なんかもう涙がぼろぼろ出てきて止まらなかったです。

その話は某所に書きますが・・・連日大吉が出まして。

大吉みくじ2020

年が改まりまして、初詣に行きました。わが上総国の一之宮、玉前神社です。

どうやら今年も大吉みくじを見ては涙する一年になりそうです。

神社のおみくじには御歌や教えが裏に書いてあることがあります。
そこを読んでいると涙しちゃうわけですが、今年の元旦の教えにはこうありました

元気いっぱいつとめましょう。今日という日は再び来ない。(中略)暗い思い淋しい思いは朝の拝信の柏手の音に打ち消して、すがしい気持と朗らかな思いで、楽しく幸せに過ごして参りましょう。

そうなんです。毎日をこつこつ大切に生きていく。それが一番大事ぃ〜♪

ちなみに元旦のおみくじの全文と同じことが書いてある

無事こそが幸せであることを自覚すべし。欲がでれば平和は乱れる。

大和国一之宮での大吉みくじ

そういや昔の隊長は欲が剥き出しで、とてもわがままだったなぁ。
いろいろ巡礼してるうちに、なんか自分がちっちゃく見えてすごいへこんで、なんか欲を出すと申し訳なくなってきて、最近ではなんかもうなにしていいのかわからないって気持ちだった。

けど、欲じゃなくて、幸せを願うんならいいのか・・・と思い直して、年末年始には自分の気持ちを整理して、新しく何かやり直そうって思っています。

とりあえず、単位を取る勉強がんばります(女子大生)