第19回ヤマハポピュラーソングコンテストつま恋本選会 (1980年5月11日 つま恋エキジビションホール)入賞曲。
きゅうてぃぱんちょす(作詞作曲/杉山清貴)

このポプコンに優勝出来なかったのできゅうてぃぱんちょすをやめ、音大に入り、いまでは音楽界の重鎮となってなぜかNHK日曜美術館の司会をしている千住明さんと言う方もいますが(笑)
本日は、そのきゅうてぃぱんちょすがプロデビューして、今はソロで歌っている杉山清貴さんのクリスマスライブに行ってきました。

前置きが長かったですが、実はこのゴスペルの夜をライブの一曲めで歌ってくれました。
19歳で作った曲を53歳で歌えるってすごいですね!!

杉山さんと言えば、夏!海!ハワイ!というイメージが強いんですが、実は冬の歌も結構歌ってるんですよ。アルバムの中だったりシングルだったりしますけど、私は2001年11月にリリースされたHeaven’s Shoreというアルバムが大好きなんです。
その中の1曲を今回歌ってくれてたんですが、一瞬にして思い出したのがこの曲が出たときに初代iPodを買ってて、このアルバムを最初にiPodに入れて聴いたこと。そして表示されてたフォントがシカゴだったことでした。

2001年はいろいろなことがあった年なので、非常に思いで深いんですが、このアルバムを聴くたびに一気に11年の時間を飛び越えますね。いやあ懐かしいw

クリスマスライブということで、いつものサンシャインバンドとは編成が違い、グランドピアノ、ヴァイオリン、コントラバス、サックス、パーカッション、キーボード、アコースティックギター。オトナのクリスマスって感じで、オトナのセクシーヴォイスな杉山さんのよく通る声で、たまりませんでしたよw

なかにはレッドツェッペリン 天国への階段なんかもあったり、バラエティな選曲で楽しかったです。

終わったあとは、mixiの杉山清貴コミュのメンバーと軽く京成立石で乾杯!
(これがあるのでmixiやめられないんですよw)

楽しかった〜。これで今年も乗り切れそうだわ。